日本ナレッジセンターがお届けするWebセミナー

セミナー詳細:221217

セミナー番号 221217
タイトル 洋上風力発電プロジェクトの契約実務と最新論点
~修正された公募ルールRound 2&3への備え、各種契約と法的リスクの軽減方法~  
講師 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)パートナー 弁護士 江口 直明 氏            
講義時間 約1時間46分
申込期間 2022年11月14日(月)~2022年12月12日(月)
聴講期間 2022年12月14日(水)12時~12月21日(水)17時までの8日間
*期間中は24時間、何回でも聴講できます。
会場 各自のPC等でご聴講下さい。
以下のサンプル動画が視聴できるかご確認ください。
https://vimeo.com/508280885
参加費 1名 24,530円 (22,300円+消費税10%)
※振込手数料はご負担願います。
※聴講に必要な通信料は含まれておりませんので、ご注意下さい。
定員
講義概要  日本での洋上風力発電の開発及びファイナンスに資する最新論点、情報を提供する。
 実際に洋上風力発電を推進するための各種契約と法的リスクの軽減方法について、現在担当している、複数の港湾洋上風力案件の契約交渉の経験に基づいて解説する。洋上風力発電案件は公募が伴うため、公募で勝つためには、各種契約の相手方には厳しい価格条件が要求されてきた。そのため、洋上風力発電機メーカー、EPCコントラクター、SEP船提供者は、利益を出すことができない状況になってきている。よって、これらの事業者は契約上のリスクを極力少なくしようと交渉してくるため、交渉が難化かつ長期化する傾向にある。洋上風力発電事業ではリスクが大きいため、タービン供給契約を含めた一括工事請負をする業者が少なく、契約は少なくともタービン供給契約とその他の工事の契約に分割発注されることが多い。そのため、各契約のインターフェースが重要となり、各契約の整合性を取って、漏れがないように契約を作りこむ必要がある。また、施設の価値の大きな部分を占める、風力発電機の購入契約 (Turbine Supply Agreement)は製造期間を見込んで、かなり前段階から交渉し、発注をかけなければならない。また、発電機以外の工事請負契約も洋上での作業が中心となるため、洋上工事特有の点、特に遅延リスクに配慮しなければならない。大規模な資金調達のためには、洋上風力発電に適したプロジェクト・ファイナンスの融資契約・担保契約を作成・交渉しプロジェクトを組成していく必要がある。(10月開催セミナーの録画配信です。)
講義項目

1.日本の洋上風力発電のRound 1の公募の振り返りと修正された公募ルールRound 2&3への備え
2.欧州・台湾の洋上風力発電
3.風力発電機供給契約(Turbine Supply Agreement)
4.洋上風力発電所建設契約 (Balance of Plant Construction Agreement)
5.洋上風力発電所サービス・補償契約(Service & Warranty Agreement)
6.洋上風力発電所運営契約(O&M Agreement)
7.港湾利用埠頭賃貸借契約
8.洋上風力発電のプロジェクト・ファイナンス
9.スポンサーサポート契約

※本セミナーの録音、録画(スクリーンショット含む)、中継、投影は禁止させていただきます。
※テキストは紙資料では無く、PDFの配布となりますのでご了承下さい。

講師略歴

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)パートナー 弁護士 江口 直明 氏

ベーカー&マッケンジー法律事務所、金融グループ所属、再生可能エネルギーグループのリーダー、取扱風力案件:港湾洋上風力3件、長崎県五島市沖浮体式洋上風力案件で戸田建設様を主体とする事業者の代理等ラウンド1一般海域洋上風力発電入札支援2件等、洋上風力合計1GW超、北海道幌延、北海道さらきとまない、北九州響灘、青森県六ヶ所村、愛媛県三崎町、秋田県八竜、石川県輪島、秋田港等、陸上風力累計17件、300MW超、取扱太陽光案件:丸紅大分82MW、ソフトバンクエナジー苫東安平111MW等の大規模案件、累計250件超、3,000MW超、屋根貸し案件、Corporate PPA、取扱バイオマス案件:吾妻木質バイオマス発電(13MW)、向浜バイオマス発電(20MW)、石狩バイオマス50MW, 50MWx5と75MWx3の輸入木質バイオマス発電案件等累計500MW超、IGCC福島石炭ガス化複合発電1,080MW(3,000億円超)、相馬港天然ガス火力発電1,180MW(1,400億円)等プロジェクトファイナンス、大阪ユニバーサルスタジオ向けプロジェクトファイナンス(1,250億円) 1986年一橋大学法学部卒業、1988年東京弁護士会登録、1992年ロンドン大学(UCL)法学修士(国際ビジネス法)取得、1993年ベーカー&マッケンジーロンドン事務所勤務、内閣府PFI推進委員会専門委員(2010年~2020年) 日本風力発電協会(JWPA)洋上風力金融タスクフォースリーダー主な論文:「洋上風力発電金融ガイドブック」(共著JWPA 2021)、「日本におけるプロジェクト・ファイナンスの立法課題」(ジュリスト1238号)他

お申込み方法

お申込みはこちらから

  • 上記の申込みボタンをクリックし、申込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信下さい。
  • お申込みを頂きましてから、一両日中(土日祝を除く)に①ご請求書をお送りいたします。
     聴講開始3~4日ほど前に②テキストをPDFにてメール送付致します。

ご受講の流れ

  • 1

    聴講情報の送付イメージ画像

    聴講情報の送付

    聴講開始日午前中に、お申込み頂きましたメールアドレスに①聴講URL、②パスワードをメール致します。

  • 2

    聴講イメージ画像

    聴講

    上記①~②の着信をご確認後、①聴講URLにアクセスして下さい。 アクセスしたら 、②パスワードをご入力下さい。 以上で聴講可能になりまして、講義が始まります。

  • 3

    何度でも聴講可能イメージ画像

    何度でも聴講可能

    聴講期間内は何度でも聴講頂くことが可能です。
    *質疑への対応はしておりませんのでご了承下さい。

お申込み条件/必ずご確認下さいますようお願い致します

  • セミナー参加費の振込手数料は貴法人にてご負担下さいますようお願い致します。

  • 参加費は原則としてセミナー開催前までに指定の銀行口座へお振込み下さいますようお願い致します。
    セミナー聴講後のお振り込みとなる場合は、お振り込み予定日を予めご連絡下さい。
    振込先:みずほ銀行新橋支店(店番号130)
    口座:普通2288581
    口座名:株式会社日本(ニホン)ナレッジセンター

  • 受講料1名につきまして、1名の方のご聴講をお願いしております。

  • 複数名での聴講や第三者へ動画の転送、動画の録画、録音等はご遠慮下さい。
    ※聴講履歴の管理を行っております。

  • 動画配信セミナーで提供されるコンテンツに対する著作権は弊社または正当な権利を有する権利者に帰属します。

キャンセルについて

商品の性格上、お申込み後のキャンセルには対応できかねます。
十分にご検討のうえ、お申込みをお願い致します。

聴講推奨環境

「録画配信Webセミナー」を聴講するには下記の環境を推奨しております

OS・ブラウザ

【PC の場合】
・Windows® 8.1  [ブラウザ]Microsoft Internet Explorer® 11、最新版のFireFox、Google Chrome™
・Windows® 10  [ブラウザ]Microsoft Internet Explorer® 11、最新版のMicrosoft Edge®、FireFox、Google Chrome™
・MacOS X 10.11 以降  [ブラウザ]Safari

【モバイルの場合】
・iOS 11.2 以降  [ ブラウザ]Safari
・Android™ OS 5.0 以降  [ ブラウザ] 最新版のGoogle Chrome™

回線

ADSL、CATV(ケーブル)、光回線などの高速回線(推奨:2Mbps 以上、必須:500kbps 以上)
※ISDN、データ通信カードなどは動作保証外です

モバイルの場合、3G/4G LTE 回線でも視聴可能ですが、映像の視聴には多くのデータ通信が発生することから、
Wi-Fi での通信を推奨しています。また、各携帯事業者が提供するプランによるデータ通信量の制限等に十分ご注意ください。

その他
  • クッキー・JavaScript・TLS1.2 の有効化が必要です
  • 推奨環境を満たしていても、インターネットの回線状況・混雑状況、あるいは別アプリケーションの同時利用等により、正常に再生できない場合があります。
  • 会社等のセキュリティによっては、聴講できない場合もあります。